みんなの応援

♥ 34,350

志摩

閲覧、コメント、有難うございます。

お休みもらったらすっかり物置と化しているベットを片付けて1日くらいはぐっすりねてやる…と思っていたのですが、突然の友人の訃報に数日ぼうっとして叶いませんでした。
彼女は本当にかっこいい人で、私が友人というにはおこがましいような憧れの人でした。
胡蝶の夢路の根底には、彼女が私にくれた言葉があります。それなのに、いつでも連絡がとれるという文明の上に胡坐をかいて、長い事連絡もしなかったことが今になって悔やまれます。
たった1年。たった半年。生きているものは、ほんの瞬きの間に消えてしまう事を改めて思い知りました。
皆さんはそうなりませんように。後悔が少しでも、軽くなりますように…

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話