comico
ぬノ領域

ぬノ6 「僕が君を殴るまで」

コメント

7 / 60 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

ぬノ領域

適当作家めいすいが毎週好き勝手にアレする、
ギャグがメインの自由漫画枠です。
ここの文章できれば100文字以上らしいけど、
特にもう書くことがないので終わりです。
皆さん読んでねー

ぬノ6 「僕が君を殴るまで」

ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」 ぬノ領域ぬノ6 「僕が君を殴るまで」

みんなの応援

20,476

comicoアプリから作品の応援ができるよ!今すぐチェック

  • Google Play
  • App Store

作家コメント

「疑問を抱く」ってのは
とっても大切でとっても楽しい
遊びのひとつだと思うんです。
特に自分自身について
「何故自分はこれが好きで、
こんなことが嫌いなんだろう?」
みたいなのに疑問を抱いて、
それが「あ、だからか」って
なった時のパズルのピースが
ビシィッとハマった感。
これが凄く気持ちいい。
こないだも
「何で自分はこんなにもバナナが
好きなんだろう?」と疑問に思い
しばらく考えていたら、
数分後にビシィッっとピースが
ハマりました。
そうだった。
ボクは小学2年生まで
ゴリラに育てられていたのだった。
へへへ

みんなのコメント(100)

0/400

お知らせ