みんなの応援

♥ 24,699

めいすい

小さい頃、
梅干の種を歯で噛み砕いて
中にあるやわらかいヤツを
食べるのが好きでした。
でも今はもう
歯の方が砕けるんじゃないか
という恐怖心から、
そんなこと出来なくなって
しまいました。
ブランコでどんだけ遠くに
飛び降りれるか、みたいな遊びも
今はもう恐くてできません。
悲しいけれど、ボクはもう
どんどん弱くなってしまっています。
ただあの頃の恐いもの無しの自分が
突然目の前に現れたとき、
ボッコボコにしたる自信はあるのです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話