みんなの応援

♥ 31,900

ピクト

学生時代授業中考え事をしていると、もしかしてこの思考を誰か読み取っているんじゃないかという不安に襲わたものです。

その度に「もしこの思考を読み取っているなら合図を送ってくれ」とか「誰だ?」と心の中でつぶやきましたが結局反応があったことは一度もありませんでした。


それでも不安は消えず、人前では変な妄想はあまりしませんでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この作品へのコメント投稿は終了しました。

次の話

関連お知らせ