ゆた

ガイドラインに反していると怒られてしまい、必死になって書き直しました。
無駄にひまわりが咲いていたり注釈が多かったりするのはそのせいです、すみません。
タイトルは、そのときの作者の心の叫びです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ