この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

899

みつなだてん

いつもお世話になっております、みつなです。
閲覧・オススメ・お気に入り・コメント等ありがとうございます!
リイシイの名誉の為に言っておきます。
火力調整が魔術頼りで絶望的なだけです。
『魔術さえ覚えなければ』普通の料理が作れてました。
(そうじゃないと爺は、きっと、もっと、早くに逝去されてた事でしょう。)
あと残念な事に、ただの裸を見られた程度じゃ恥じらう事はないです。
恥じらう基準は、ありますがカルナトールにたどり着くまでは、伏せておきます。
では、また次回お会いしましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ