不比等

あいつを許さない。それが一緒に頑張ってきた友達に対して、自分ができる精一杯だった。
でも、本当は…。そんな想いを抱えたまま
時間だけが過ぎていった。
そんな想いを抱えた人があの3人に出会って変わったの(^^)
「結局、一人じゃ許していいなんて一度も思えなかったんだろうな。」
許すための遠回り。でもきっと無駄なんてなかった。
ただ時間がかかっただけ。素直になれなかっただけ。
そうしみたいなポエムしたかったのに
私にはセンスがないようだ…。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ