いつも読んでくださる方がた、ありがとうございます。
第6話です。
なんだかとてつもなく誤解されている様子の黒百合ちゃんです。
楽しんでいただけると幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ