千三

お読みいただきありがとうございます!1003です。
ここ何回か程は待たせてないですね!それでも10日以上たったって言うんですからまったく一週間で描ける方々はすごいです。いやー以前は描いてたのになあ…
とにもかくにも先生のお話が終わりましたね。なんか肩の荷が降りたりしたのかな、先生もずっと足元のことを気にしてたんみたいで。
うーん、なんだかんだ足元は想ってくれる人が周りに多くて幸せですね。
そういえば私にも幸せな話が。なんとこの作品をブログで紹介してもらえました!へへっ!お暇があればうまいこと検索してみてください。なんか「comico crowdio」とかで出ると思います。正直いろいろ出ると思う。
いやはや、その件も含めて次回もまたよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ