千三

お読みいただきありがとうございます!1003です。
あと、お久しぶりです。回を追うごとに更新が遅くなってますね。すみません。そりゃあこれだけ間が開けば作家コメントに何を書いてたか忘れますよ、ええ。
それで前回のコメント見たらやっぱり謝ってました。いい加減何の非もなく更新したいですね。
まあとにかく、そんな私がそれでも更新を続けられるのは皆さんの応援あってこそだという話で。あれ?そんな話じゃなかったかな。
えっと、うーん。締め方が全然わからないですね。私話すの下手なんじゃない?

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ