千三

読んでいただきありがとうございます!1003です。
前回のコメントと違う話になってるかもしれませんが、これまで計画通りにできたことなかったんでまあ軽く流してください。作家コメントほど軽い言葉もないってことで。
ダメか。すみません。
次回こそ過去のことをやると思います。信用せずにお待ちくださると嬉しいです。よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ