comico
窓ぎわのカノン

track2

コメント

2 / 2 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

窓ぎわのカノン

窓ぎわのカノン

君が居なければ、ただの日常でしかなかった

作家コメント

お久しぶりです。
ひと月以上開いて申し訳有御座いませんが、前回の続きです。
このお話では、二人は高校1年生の幼馴染み、
圭ちゃんは軽音部、沙奈は合唱部で体が弱い、という設定しか作っていませんので、
他はご自由に、思い思いにお楽しみ頂ければ幸いです。
 
今月はお引っ越しがあるので、次回も少しupにお時間頂くかも知れませんが、お許し下さい。

■0708追記■
今回もあたたかいコメントを下さった皆様、そして前回に続きコメントして下さった皆様、本当に有難うございます!まさか短冊を拡大されるとは思いませんでした…文字サイズは2ptです、視力良すぎです(笑)制服のコーデやコマの間で、全て別の日である事を表現しようと考えましたが、もう少し伝わりやすさを考えた方が良いですね。勉強になります!fineは、音楽用語から頂きました。何が起きようとハッピーエンドで終わります!残り3話、宜しくお願いします。

みんなのコメント(35)

0/400

お知らせ