なぎろう

白河の名前これからもあまり呼ばれることなさそうだなって思いました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

32