catlove

見てくださった皆様ありがとうございます。本人に問題がありまともなコミュニケーションができないことをここで深くお詫び感謝の意を述べさせて頂きます。
ええと、もし今見ている方の中で何か困ってる方おりましたら、みんなみたいにしなきゃとか、こうあるべきみたいな考えを取り払って自由になってよいのではないでしょうか。
それってどうしてもやらなきゃいけないのですか。誰か話せる人はいませんか。いろんなやりようがあるので一人でがんばらないでほしいと思います。
 駄文は終わりですがマンガはまだ続きます、今後とも宜しくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

7