占い師一番星

ページ中盤でガイのバーカバーカバカバーカに反応して、はいなんですか?って言って出てきてる人について。このキャラは僕が2009年にアンドハッピーエンドという名義で日本文学館から出版した、わすれんぼうくんのお話、という本を読むと詳しく知ることができるのですが、仮にそこまでして知りたいかたが現れたとしても、すでにあの本は絶版になってます泣。
あのコマはただ単に自分の名前を呼ばれたと勘違いしたんだな、と受け止めていただけたら幸いです。ほんとすみませんでした泣。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話