しゅんしゅん

作者の言葉足らずの結果、多くの読者様に誤解を生んでしまったことを深くお詫びします。
落選したからコミコでもいいやとかそんな気持ちで投稿したわけではありません。
もともとペン入れの練習がてらに昔書いた下書きの原稿を仕上げまして、せっかく完成したんだからダメもとで賞に出そうと思いました。その時に担当編集さんからは、「賞はとれないし、とれたとしても下の賞だよ」と言われてました。皆さんの意見にもありますが担当さんのダメ出しとほぼ一緒です。
そして結果が出まして、せっかく完成させたし少しでも見てくれる方がいるのならと思いコミコに投稿した次第です。
決して「俺の漫画落選したけど、面白いだろ」とかそんな驕りは微塵もありません。漫画家の世界はそんなに甘くないことぐらいは目指してる自分がよくわかってます。
擁護してくれた読者様には感謝の気持ちと気を遣わせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ

292