銀次郎

日常漫画なので七夕ネタやらねば、という使命感に駆られて描きました。どうしても天津を出したかったのでまた新キャラ。これからは増えない(と思う)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ