この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1,018

黒谷

ご閲覧まことに、まことにありがとうございます。
更新遅れましてまことに申し訳ございません。
俺の私情につきましてご理解いただき、応援いただき、温かいお言葉をいただき、本当に本当にありがとうございます。
感謝してもしつくせません。
一応今回の黒谷の館は「マックス」とになっております。
あと千石先生が地面から何かうねうねしたものを
出しておりますが……、
影的なものだと思っててください。
彼女はちょっと特殊な人間なのです。
これについてはまた後ほど解説いたします。
俺は幸せなやつです。
待っててくれて応援してくれるひとがたくさんいるようです。
大好きだといってくれる方がいてとても嬉しいです。
友人に飲み会で自慢したいと思います。
それでは、次回お会いしましょう!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ