正港奇片

無人島に流れ着いた三人である。この時、目の前に一枚のボート
が漂ってきた。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ