リン・コウキ

突然ですが、ハトって結構逃げないものですね。こないだ公園のベンチで『ぼー』っとしながら座っていたらハトが足元に・・・ちょと足を動かすと『てけてけ』と離れていくのですが、また足元に。面白いんでそのまま観察してたら、もう一羽飛んできて二羽に。たぶんハト的には『エサくれよボケ』てきな何かだと思いますが最初に居た方のハトが、靴を突付き始める・・・・さらに無視しつつ見てたら後から来たもう一羽が靴ヒモに興味を持ったらしく突付きはじめヒモを引っ張り始める・・・おそらくハト的に『喰いモン見つけたで!』って感じだったのだと思うのですが、そのとたんワラワラと他のハトが飛んできて十羽ちかくに囲まれ、集団で靴ヒモを引っ張ろうとする、で僕が『うりゃ』と足を動かしても、ハト達は退避しつつも逃げず『靴ヒモ』ガン見しつつジリジリ、間合いを詰めて来る・・・で結局ハトの威圧に負け公園を退散・・ハトも立派な狩人なんだと思った

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ