シルクfactory

銀行などの資金融資がない限り、事業計画書は書かなくても起業できます。書いたからと言ってうまくいく、というものでもないので(涙)
リアルなお金の動きは計画通りにはいきません…
事業計画書に関しては、銀行や商工会、会計事務所さんなどが「創業セミナー」を開催しています。
創業助成金の情報や国のサポート体制などの情報も手に入る上、起業仲間や相談にのってくれる人ができるので面白いです。
誓約書に関しては、営業さんが書かされることが多いです。
法的拘束力はないとはいえ、かなりのプレッシャーになります。信用問題にもなりますし。
業界内は意外に狭いので、悪い情報はあっという間に広がります。
次回は7月20日頃「いよいよ退職届~開業届を出すぞう!」更新予定です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ