yamasann/さーどん

こんばんは、yamasannです。
ようやく、次の話で前半で言う≪お前≫にあたるぶぶんに入ります。なので、ここまでは何もわからないと思います。つまらない思いをさせてしまったと思います。申し訳ありません。
ここまで長かったですね。これからが登場人物たちにとっては急降下です
こちらからしたらいろいろなことが明らかになりますので急上昇なのかもしれませんが。
とりあえず一つだけ。
ある人はまた誰かとした約束で動かされているようです。とはいっても、約束を結んだ本人はその思い出もなくしているようですが。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ