comico
泉の大陸

第14話 苦渋の選択

コメント

14 / 32 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

泉の大陸

泉の大陸

小さいころから「泉の大陸」のストーリーを聞いて育ったリサ。
そのストーリーは、実は絶対に知ってはいけない秘密であったことにリサは気付くことになる。
リサ、そしてその祖父を中心としたファンタジー作品。
特に長編をこれから読んでみたいという方、おすすめです!

作家コメント

大陸で、妖精を人間化することは大きな賭けである。成功するか失敗に終わるかはわからないが、大陸の未来を左右する賭けであることには違いない。
そのため、妖精の能力者であるおじいちゃんを大陸に連れていくということは、3人以外、誰にも知られてはいけないこととなった。これは、ハシトやアリスの命がかかっていると同時に、大陸の未来がかかっているからである。
リサにおじいちゃんの正体が知られると、必然的に、保安隊が連れてきたことが発覚してしまう。
そこでシゲルじいちゃんは自分で孫を守るため、自分が死んだとリサに伝え、赤の他人として、若い容姿でリサを守っていくことになる・・・。
次回、リサにつらい思いはさせたくないと、アリスが動き出す。
お楽しみに!^^

みんなのコメント(11)

0/400

お知らせ