佑仁

こんにちは、佑仁です。久美さんと背景の少ない――扉絵の背景さえも素材使用という第三話になります。今回は線画をシャーペンで仕上げてみました。次からずっとこれでいこうと思ってます(楽だから)。*三話について→突っ込まれそうなとこを先に説明すると、モブの男はあの一コマだけで退場。双子に置いてかれて迷子くらいに考えてください。コメントで時間軸についての質問がありましたが、そのあたりの説明はあと三話くらい先でやります。一話を零としてざっくりと説明すると、三年前の記憶を見てます。当時、久美さん18の秋が19ぐらい。リーザが生きていたのは800年前。諸々、謎な部分は後ほど。*次回更新は一月ぐらい先になります。最後になりましたが、コメント&オススメ&お気に入り&閲覧ありがとうございます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ