藤坂まるん

※この物語はフィクションです。実際の人物・団体・地名・事件等とは一切関係ありません。
閲覧ありがとうございます。
こちらの2話まででプロローグになります。解りにくい話かと思いますが次回から紐解いていきます。
よろしくお願いいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

6