この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

327

吐血猫

コメント、おすすめなどありがとうございます。
それを糧に生きていける仙人みたいな存在になれたらいいのに…。
舞台設定、キャラ設定などは今しばらくお待ちください。
まだ名前も決まってないキャラとかがいるとかではありません、えぇ、決して。
それらの設定に関しましては、次の話、次の次の話くらいからじんわりまったり盛り込んでいこうと思います。まだできていないわけではありません、えぇ決して。
前回の作者コメントと異なることを言っている時点でお察しなのですがね。
何か気になるところや意見などありましたら、コメントいただけると非常にありがたいです。
次回以降の投稿に役立てるよう善処いたしますので。
よろしくお願いいたします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ