吐血猫

実家の離島で法事があってだな…。
2話の投稿が相当遅れてしまいましたが、安心してください、続きます、続けます。
舞台設定などについてですが、申し訳ありません、2話でも3話でもまだ語られません、おそらく5話くらいまで語られないと思いますが、ちゃんと描くつもりですのでご安心ください。
まだ設定ができてないわけじゃないですよ、決して、ええ決して。
何か見難いところなどありましたらご気軽にコメントください。
次回以降にできるだけ役立てて行こうと思います。
よろしくお願いします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ