この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

807

こしはら

第二話です。前回のコメントから「パーカ」という言い方がもしかしなくても少数派なのではないか、とわかり動揺を隠せません。しかし私はパーカで貫きます。違和感を感じる方は脳内変換よろしくお願いします。楽器に触るとこまでは何とか早めに描きたいです。登場人物紹介はのちにまとめてやる予定です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

88