この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

333

オダマキ

慣れないことをして時間がかかってしまいました。物語をどんどん先に進めたいので、もっと効率よく描く方法を模索中です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ