この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ジョウ

この話数から、スクリーントーンを使わず、
その代わりに「写植」をいれだしています。
当時は、紙に、文字を印刷して、カッターで小さくきって、ノリで原稿用紙に貼り付けていたんです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ