猿田

地球の多くの人々が宇宙への関心を失った時代にひとり宇宙で働く、単身赴任サラリーマンのある一日の物語です 短いSF短編ですが、よろしく願いします

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

1