この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

3,855

茶ノ山

夏休みにおばあちゃんちで飼っている鶏の卵を
毎朝取りに行くのが楽しみだった小さい頃、
ふと鶏が一羽居なくなったのに気がつきました。
当時は脱走したんだと思ってたんです。
一羽居ないよとおばあちゃんに言っても
親に言っても言葉を濁されるだけでした。
鶏が居なくなる前日はきりたんぽでした。
※一部修正、追加しました

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話