この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

kayu*(奥ちゃん)

いつもお読み頂きありがとうございます^^
小さい頃、今となってはなぜだかよくわからないけれど兎にも角にも怖かったものってありませんでしたか?
奥ちゃんは覚えている限りで三つありました。
家に置いてあった孫の手と書籍「家庭の医学」の背表紙、そして外で見かけるこの締切というドアプレートがどうにも怖くて近寄れず、遠巻きに見るだけで泣いていた記憶があります。
なぜあんなに恐ろしかったのかは謎です。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ