彩銘

二十一話です。文化祭編の続きです。前回少し出たので感づいた方も多かったですが夜の姉、月音が登場です。かなりの自由人。今回過去をにおわせる事を言ってますが翡翠とかメイド服だからかシリアス感全然ないですね。
あん○タネタですが執事ネタは本当に偶然でした。な○なちゃんと桃○は天使ですね。
月音の胸にダイブした紅平。やっと主人公みたいな事やりましたね。ラブコメみたいですが男しか部室にはいないのでラブコメなんてないです。
桜歌のおばけ姿、翡翠メイド、夜執事が好評だったので個別に描いてあげたい。
今回のおまけは夜と翡翠、式人です。どちらもツ○ッターで上げたものです。実は夜の対比で翡翠も描いたのがありますがエr…なんで夜だけ。アイコンも配布させてもらいました!前回の紅平と夜を使って下さってる方が…!感激です。
毎回たくさんのコメント、お気に入りありがとうございます。次回もよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ