六月睦月

いつもこの漫画を読んでいただきありがとうございます!
今回のお話は二本立てでした。雨と光の表現に想像以上に時間がかかってしまいました。
何かあるわけでもない他愛もない話なのですが、日常の一こまを切り取ったという感じで読んでいただけたらなと思います。
次はもう少し早く更新したいです。
少しでもこの漫画を楽しんいただけたら幸いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ