この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

522

りうち

「貴様の寿命を半分くれたら、貴様にスロットの設定が見える目をくれてやろう・・・。」
死神にそう言われたら
僕は迷わず寿命の半分をプレゼントします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話