この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

522

りうち

酔った勢いで描いているわけですが、酔っぱらうと最初思っていた構想をかなり無視され・・・
次の日シラフで読み返すと、まるで自分が描いたモノとは思えないストーリーになっています。
酔っぱらった僕にしかもう・・・続きはわからないのです・・・。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話