この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1

荒野悠

共に異能を持つ相澤と黒川は運命の出会いを果たす。
不良同士の小さな喧嘩から、いずれは世界を巻き込む物語に繋がっていく。
相澤には子供の頃の記憶が無かった。
記憶の"始まり"は何処かの田舎の夏祭り。
そこで出逢った『セツカ』と名乗る狩衣を纏った少年。
『セツカ』は何かを知っているのか。
自分を取り戻すために、相澤はセツカを追う。
水門重工の青野も相澤と同じくセツカを捜していた。
都内の昼下がり、彼女はセツカとよく似た人物を見かける。
物語は少しずつ真相へ向けて動き始める。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話

この話のタグ