この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

0

ウシロのシノブ

【嘘予告】灼熱の太陽を相棒に、銀の砂漠を流れ流れてたどり着いた奇妙な街。そこは楽園かはたまた地獄の一丁目か・・・。間白陽太は乾いた喉を熱砂で癒す。次回「地獄の町ヘルトキオ」  SAAの銃声がこだまする・・・。
「作者:作中、絵柄・・・線の質が安定しない部分があり見苦しいかとは思いますが、途中でペイントソフトを変更し描きなおした為です。イイワケカッコワルイ!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

次の話