comico
それでは灯りを消しましょう。

11本目「メリーちゃん(真)」

コメント

11 / 24 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

それでは灯りを消しましょう。

それでは灯りを消しましょう。

蝋燭のもと語られる、奇奇怪怪の物語。静かに、端的に、残酷に。
※作者が見聞きしたもの(洒落怖、TV、書籍、会話etc…)を元に、少々・あるいは大幅に改変したり、時にほぼオリジナルな怪談を漫画にしています。 そういったものに嫌悪感を感じる方、そもそも怖い話が嫌いな方はご注意下さい。

作家コメント

よく見てごらん、そこに答えがあるよ。
※いつもたくさんのコメント&オススメありがとうございます!
メリーちゃんの正体から、DVDの謎、更には11話のタイトルまで当てた方もいて身震いしました(笑)。
主人公らの言動が支離滅裂なのは、彼らの正気度が一時的に激減したのを表現しようとしての事でした(;^ω^)
あと9話にてラスト辺りの主人公のセリフが『彼女~かのじょ』と変化していることに疑問を持たれた方がいらしたのですが、あれも同じように語り部の正気度が下がっているのを文字で表そうとしてました(*´ω`*)
ひらがなだらけで文章を書くと、何だか聞き手(読み手)からの理解を求めていない印象がします。そこになんとなく狂気的なものを感じてそうしたんだと思います。

みんなのコメント(100)

0/400

お知らせ