黒崎文太

不正解錠が特技の少女・ピッキンガール。 
だが、周囲から犯罪者を見るような目線を向けられ、ピッキンガールの自信は大きく揺らぐ。 
「このままピッキンガールを続けても良いのだろうか?」 自問し悩む彼女の前に、困り顔のクラスメイトが現れた。 
ピッキンガールにしか解決できない悩みを打ち明けられた彼女が取った行動は……

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ

45