ひーの

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
ミアは仮名なのですが、この子には本当にお世話になって
私がなんとか不登校にならなかったのもこの子のおかげです。
新しい土地で暮らすあなたの中には
未知数の可能性が秘められています。
この話を読んでも、決して留学を怖がったりされないでくださいね。
あと同級生の皆様(もしいらっしゃったら)ご卒業おめでとうございます。めっさ羨ましいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ