センサキヒロ

こちらのお話では初めまして、センサキと申します。
別の作品と同時進行の為のんびりめになる予感ですが、思い出したときに見ていただけたら幸いです。
よろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ

134