ノエノ

こちらの話でははじめまして。ノエノと申します。この話は中学生ぐらいのころに設定だけノートに書いていて、いつか形にしてみたいと思っていた漫画です。現在、別の漫画も投稿しているので更新ペースはかなり遅くなると思いますが、マイペースに続きを描いていけたらいいなと思います。ちなみに今回の話を描いたあと、もうとっくにフリルのついたスク水が発売されていることを知りました。いろんな水着が選べて、いい時代になったー…!◆ご指摘いただいた文字の部分は、下の絵が重なって濁点のようにみえてしまっていたようです。見づらくて申し訳ありません。修正いたしました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ

960