comico
病脳病棟404

第二十九話:真実を見る事情

コメント

36 / 87 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

病脳病棟404

病脳病棟404

塚風天祢(つかかぜあまね)が落ち込みながら森の中を歩いていると、ある一人の少女が木の枝に立っていて――
   ◇   
※この作品にはBLGL表現などが含まれる場合があります。
苦手な方はご注意ください。

作家コメント

アズ「さて、残り五話だっけか」
トオル「マジで残り五話丸々これで行くのか…」
アズ「やると言ったらやるのが作者だ、そしてやらないと決めたことは面倒だから絶対にやらない」
トオル「人間の屑って言葉知ってる?」
アズ「ともあれ、もうすぐ三十話だぞ。最初は十話ぐらいで終わると思っていたからびっくりだな、お前いつまで主人公やってるんだ」
トオル「酷くない? ヒロインが主人公に向かって言う言葉じゃないよね?」
アズ「お前メインだと私達が割とガチめのバトルしてる光景が出てこないんだよなぁ…仕事帰りに血まみれで帰ってくる光景が見せられないとは」
トオル「そんな光景見たくねぇよ!」
アズ「お前が主人公降格したら自動的に私もヒロイン降格なんだから鈍器のような鈍器持って殴り合いする主人公根性見せろ!」
トオル「鈍器のような鈍器って結局鈍器じゃねぇか!」

みんなのコメント(25)

0/400

お知らせ