この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

1,085

苓ほまれ

アズ「さて、残り五話だっけか」
トオル「マジで残り五話丸々これで行くのか…」
アズ「やると言ったらやるのが作者だ、そしてやらないと決めたことは面倒だから絶対にやらない」
トオル「人間の屑って言葉知ってる?」
アズ「ともあれ、もうすぐ三十話だぞ。最初は十話ぐらいで終わると思っていたからびっくりだな、お前いつまで主人公やってるんだ」
トオル「酷くない? ヒロインが主人公に向かって言う言葉じゃないよね?」
アズ「お前メインだと私達が割とガチめのバトルしてる光景が出てこないんだよなぁ…仕事帰りに血まみれで帰ってくる光景が見せられないとは」
トオル「そんな光景見たくねぇよ!」
アズ「お前が主人公降格したら自動的に私もヒロイン降格なんだから鈍器のような鈍器持って殴り合いする主人公根性見せろ!」
トオル「鈍器のような鈍器って結局鈍器じゃねぇか!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ