comico
時計のウタリ

時計のウタリ 5話 そして旅立つ

コメント

5 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

時計のウタリ

時計のウタリ

狼と時計に宿る同胞(ウタリ)達の物語。
どこへ行けども同胞に巡り合う。けれども決してそれは、同じではなく・・・。
それぞれの、生き方。それぞれの、魂。
時計の針と同じく、経て変わるもの、そうでないもの。
ウタリ達が狼の生き様に寄り添うように、狼もまた、ウタリとの刹那の時間を生きていく。

作家コメント

明けましておめでとうございます。昨年はたくさんの方に時計のウタリを読んでいただき誠にありがとうございました。今年もできる限り定期的に更新していきますので楽しんでいただけると幸いです。
そして更新が大幅に遅れまして本当に申し訳ないです。
去年のうちにせめてげておきたかったこの5話・・・ちまちまと細かいところを色々と考えていたらこんなことになってしまいました。
一旦これでユイ達とはお別れで、ウォセ達はまた旅に出ます。
まだまだ作業に慣れたとは言い難くこれからも試行錯誤を続けますので時々塗りが変わったりするかもしれません。
あと漫画の構成に何かご意見ありましたらぜひお願いしたいです。
自分で描いてると読みやすいのかそうでないのかわからなくなってくるので・・・。
ツイッターやブログのほうでぽつぽつと作品に触れていたりしますのでよろしければそちらものぞいて見てください。

みんなのコメント(5)

0/400

お知らせ