この作品が気に入ったら「オススメ!」

オススメありがとう!

392

脱兎社

たいへん時間が空いてしまいましたが、お話は終わっておりません。特に終わりを決めているわけでもないので、なんとなくゆるゆると続いていくのかなぁ。少年と人外娘が描きたくなった時、フラッと立ち寄るみたいな。急に思い立って、電子書籍化して消えるかもしれません。そんな妖しい漫画ですが、一寸でもお楽しみいただければ何よりです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ