comico
H2O(エイチツーオー)のバラッド

H2O(エイチツーオー)のバラッド

コメント

1 / 1 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

H2O(エイチツーオー)のバラッド

H2O(エイチツーオー)のバラッド

私はただの 一欠片
春になれば文字通り
露と流れて消えるだけ
雪像に使われた「水の欠片」はそう思っていた。
たった一言、「さむくない?」と少年にマフラーを差し出されるまでは。
溶けて水となり、季節を巡りながら少年を想い続ける欠片。行く先にはー?

作家コメント

雪像に使われた雪の中の更に小さな「水分子」が「寒くない?」と自分を気遣ってくれた少年を想いながら、あらゆる「水」で出来た物体になって旅をします。
完全に「運任せ」なお話ですが、個人的には気に入っています。
小さな小さな「奇跡」のお話です。

みんなのコメント(14)

0/400

お知らせ