comico
Over kill-第二研究室諸君-

04『そういう時こそ』

コメント

4 / 6 1話目から読む

お使いのブラウザは、comicoでサポートされていません。

快適にご利用いただくには、ブラウザを最新バージョンに更新してください。

Over kill-第二研究室諸君-

Over kill-第二研究室諸君-

2020年代。国内で無気力状態の若者を揶揄する「オーバーキル」という言葉が流行する。無気力のあまり死亡者が現れたのを皮切りに精神病の一種として研究・対策の対象へ。しかしその実態は病気と呼べるのか、未だ解明されていない。
ただ一つ確かなのは、その研究に人生を狂わされた者たちがいたことだ。

作家コメント

大変お久しぶりで申し訳ございません…その間もコメやオススメやお気に入り本当に有り難うございます!!
作家コメントを簡潔にまとめるタイプになりたかった朱街です、
もう手遅れですね…。
と、その前に今回は久しぶり過ぎて普通にお知らせさせていただきたいことがたくさんあったり…。
まず名前が朱街もかに変わりました、今後ともよろしくお願いします!
それと!
決して!!決してOverkillを忘れているわけではなく!!
ノベルの方でも一本始めましたので、よろしければ…。
そっちは明るくコメディ寄りの話になっておりますので、暇な時にかるーくどうぞ…!
というわけで、この通り、ゆっくりではありますがこのお話の続きはきちんと考えておりますので…見守っていただけますと幸いです(;_;)
最近、修介が可愛くて仕方ない親ばかの朱街がお送りしました。

みんなのコメント(1)

0/400

お知らせ