もじゃクッキー

\右手の親指突き指した/
力が要らないペンタブならなんとか握れて着色はできるようになりました。
更新待っててくださった方々ありがとうございまするるるー!
利き手に常にギプスって割と難関っすな!
まずあれじゃろ、自力でラーメンが食べられないことと、あと自力でラーメンが食べられないこと、それと極めつけは自力でラーメンが食べれらないことさ!つ、つら!!
…なんて最初は甘く考えてたけど、ある時そんなの問題じゃないような現実に直面した。
「 納 豆 を か き 混 ぜ ら れ な い 」
開けることだけ叶ったいつものパックを手に持ち背筋が凍るかと思ったあの瞬間…。
衝動的に自分でギプスを外してやろうかとおもったけど、いっときの納豆欲にかられて利き手を失っては、納豆代も稼げない。
思いとどまったさ。だけども僕はくじけない!ねばぁギブアップ!

この作品が気に入ったら読者になろう!

次の話

この話のタグ